まだまだです。

SAVE IWATEさんが運営しているもりおか復興支援センターでは
『紡ぎサロン』という活動が行われています。
被災者の交流の場として活用されており、ここで製作されている『復興ぞうきん』
売り上げの一部が製作者に還元される仕組みとなっています。

10/18現在、材料となる薄手のタオルが枯渇状態だそうです。
制作意欲がすさまじいですね!提供可能な方はご協力くださいませ。

縫い手さんたちの様子はこちら

当ブログで募集している手芸材料も紡ぎサロンで使ってもらおうと思っています。

が、まだまだ足りません。
少しずつでかまいません。箪笥の肥やしになってるような刺し子糸などありませんか?
使わないチャコペンとかありませんか?

まわりに手芸を趣味としている方がいたら、是非声をかけて頂きたいと思います。


<復興ぞうきんを常時購入できる場所は全国で3箇所>

  ・静岡…「復興支援カフェしずおか」(静岡市葵区呉服町のミライエ呉服町2階)
  ・兵庫…「兵庫県立東播磨生活創造センター・かこむ」
  (加古川市加古川町寺家町天神木97-1兵庫県加古川総合庁舎内)
  ・岩手…岩手もりおか歴史文化館(岩手県盛岡市内丸1-50)

[PR]
by chidorigusa | 2011-10-18 21:11